第 58 回

カードローンを利用しているのはどんな人?数字で紐解くお金の借り入れ

金井 優子

カードローンを利用しているのはどんな人?数字で紐解くお金の借り入れ

カードローンというと「借金」という文字が頭に浮かび、あまり良いイメージを持たれない方も多いと思います。

カードローンを含む「貸金業」は一体どのような人がどういう目的で利用しているのでしょうか。

様々な統計の数字から紐解いていきましょう。

日本人の9人に1人が貸金業者から借り入れしている

総務省統計局の「人口推計」によると、2019年6月現在(確定値)、20歳以上の日本人口は約10,304万人です。
それに対して、貸金業法対象情報の中で「残高有り」の登録人数は、1,093万人となっています(2019年6月)。
この人数は総量規制内の情報なので、住宅ローンなど総量規制外の登録人数は含みません。

つまり、少なくとも約9人に1人が貸金業者からお金を借りているということになり、貸金業は私達の生活に広く浸透していることがわかります。

参考:総務省統計局「人口推計」ー2019年令和元年11月報ー

どういう人がお金を借りているの?

貸金業者のサービスを利用したことがある人の年齢や男女比をみてみましょう。

日本貸金業協会の調査報告によると、2019年3月末時点の消費者向無担保貸付残高のある人の男女比は、男性が63.5%、女性が36.5%となっています。
また年齢別にみると、男女共に40歳代が男性15.8%、女性9.1%と最も多く、次いで50歳代、30歳代と続きます。

総じてみると突出して多い年代や少ない年代はなく、20歳代から70歳代まで幅広く利用しているという印象です。

どういう目的でお金を借りているの?

上記報告の「借入申込を行った際の資金使途」をみると、資金の使い道で最も割合が高いのは「趣味や娯楽(レジャーや旅行を含む)費用」で41.7%でした。次に「食費」が17%、「外食等の遊興費」は14.5%となっています。

また、「銀行カードローン等の利用を考えたことがある(利用している)」と回答した人を年収別にみると、低所得者層(年収300万円以下)が23.8%、中所得者層(年収300万円超)が31.7%、高所得者層(年収800万円超)が31.1%となっており、中〜高所得者層の割合が高めとなっています。

このような情報から、生活に困って仕方なく借りる人がいる一方で、日々の生活に潤いを持たせるためにお金を借りる人が多数いることがわかります。

参考:日本貸金業協会 資金需要者等の現状と動向に関する調査結果報告(令和元年9月30日)

まとめ

貸金業は、すでに私達のとても身近な存在であることがわかりました。
身近だからといって安易に利用せず、きちんと仕組みを理解した上で上手に利用するようにしたいですね。

執筆者 金井 優子 (かない・ゆうこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

兵庫県出身、藤沢市在住。
大学卒業後、航空会社に客室乗務員として3年半勤務。その後、幼い頃から憧れていたアナウンサー業に転職。フリーアナウンサーとしてケーブルテレビのリポーターやラジオのアシスタント等を担当する。
活動中、仕事の幅を広げる為FP2級と証券外務員1種を取得。出産を機に休職。家計管理を任され、お金に関する知識の大切さを実感する。現在は2男の育児に奮闘しつつ、FPとして活動中。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事
全FPメンバーを見る

関連FPコラム

最新FPコラム

全FPコラムを見る