第 1 回

総量規制ってなに?総量規制対象外となる銀行カードローン

田端 沙織

総量規制対象外となる銀行カードローン

カードローンの申込みをする際に関わってくる「総量規制」。
その規制の内容や対象外となる銀行カードローンについて解説します。

総量規制とは

総量規制とは、借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた規制です。
貸金業法という法律の一部で、多重債務問題の解決を目的に2010年6月に改正が施行されました。
総量規制は、貸金業者からの借入を対象としています。

借入総額は年収の3分の1まで

過度な借入を防ぐため、貸金業者からの借入残高が年収の3分1を超える場合は新たな借入れができなくなります。

総量規制の「除外」・「例外」

貸金業者からの借入れであっても、総量規制になじまない貸付や、顧客の利益の保護に支障がない貸付は年収の3分の1を超えていても、返済能力があると認められれば借入することが可能です。
代表的なものは以下になります。

「除外」
・住宅ローン
・自動車ローン
・高額療養費の貸付

「例外」
・顧客に一方的に有利となる借換え
・借入残高を段階的に減少させるための借換え
・配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)

総量規制の「対象外」

総量規制の除外、例外の他に、総量規制の「対象外」となる借入があります。
貸金業法の管轄外となる借入れがそれにあたり、代表的なものは以下の借入れになります。

・銀行からの借入
・法人としての借入
・クレジットカードのショッピング枠

総量規制の対象外「銀行カードローン」

銀行カードローンは総量規制の対象外であり、年収による借入れの制限はありません。つまり、収入がない専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば借入することが可能です。
しかし、銀行カードローンの過剰融資が社会問題となり、2017年に全国銀行協会が厳格審査へ自主規制を開始しました。

現在では、総量規制の対象外である銀行カードローンでも、収入のない専業主婦の方は借入が難しくなってきています。

まとめ

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと異なり総量規制の対象外となるため、収入がない主婦の方や収入の少ない方でも低金利で借りることができます。しかし、昨今多重債務の問題もあり銀行も慎重になり、貸付に際し厳格審査への自主規制を始めています。
以前よりも、ご自身の属性や借入スピード・希望借入金額等をよく考え慎重に利用しましょう。

執筆者 田端 沙織 (たばた・さおり)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

鎌倉市出身、逗子市在住。2男1女を育児中。大学を卒業後、FP2級を取得した際、資産運用の楽しさに開眼し証券会社に勤務。10年以上お客様にまごころ込めて対応していたが、会社とお客様の向いている方向が違う事にモヤモヤを感じる。
現在は、お客様と自分が同じ方向を向くことでお金や将来の不安が少しでも減るよう、中立的な立場のFPとして活動中。また、「キッズ・マネー・ステーション認定講師」として子供、親子向け金銭教育講座を開催している。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事
全FPメンバーを見る

関連FPコラム

最新FPコラム

全FPコラムを見る