第 24 回

完済したらカードローンは解約するべき?

金井 優子

完済したらカードローンは解約するべき?

みなさんは、カードローンの借入金をすべて返済し終えたとき、同時に契約も終了すると思っていませんか。

実はそうではないのです。

カードローンの「完済」と「解約」の違い

「完済」とは借入金の返済が完了した状態のことを指します。
借入金がないので利息は発生しませんがカードローンの契約は残ったままです。

「解約」とは、カードローンの契約自体を終了させることです。
カードローン契約の多くは定められた期間ごとに自動更新となり、自ら解約を申し込まなければずっと続いていきます。

ただし更新時の審査結果によっては、契約内容の変更や更新ができない場合もあります。

カードローンの解約条件

利息を含む借入金の完済が条件です。
ただし「解約の手続き時点で残高がある場合は解約できない」や「解約申請をしておいて、その後完済になった時点で解約」などローン会社によって違いがあります。

カードローンの解約方法

電話やインターネットから解約に関する書面を取り寄せ、必要事項を記入して返送する方法が多いようです。

急いで解約したいという場合、ローン会社によっては、最寄りの店舗へ行けばその場で解約できるところもあります。

カードローンを解約するメリット・デメリット

では、完済したカードローンは解約した方がよいのでしょうか。
主に考えられるメリット・デメリットについてみてみましょう。

メリット

・借金を作ってしまう不安がなくなる
・信用情報機関に「解約」という履歴が残る
金融機関はローン審査などの際に信用情報を確認するので、借入金がある状態よりもよい印象を与える可能性があります。
ただし、カードローン会社の審査基準は公表されていません。

デメリット

・急に資金が必要になっても、すぐに借り入れできない
・前回と同額を借り入れたくても審査状況によっては出来ない可能性もある
・同じローン会社で再審査をしても「初回利用時 無利息期間」などのサービスは
利用できない
・カードに貯まっていたポイント等がなくなる

まとめ

この先カードローンを使う必要がない場合は、解約しておいた方が安心かもしれません。
一方で、解約してからまた借り入れしたいと思っても、審査や書類提出などで再度手間と時間がかかってしまいます。

解約には、これらのメリット・デメリットがあります。
ご自身の状況と照らし合わせてよく考えて決めましょう。

執筆者 金井 優子 (かない・ゆうこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

兵庫県出身、藤沢市在住。
大学卒業後、航空会社に客室乗務員として3年半勤務。その後、幼い頃から憧れていたアナウンサー業に転職。フリーアナウンサーとしてケーブルテレビのリポーターやラジオのアシスタント等を担当する。
活動中、仕事の幅を広げる為FP2級と証券外務員1種を取得。出産を機に休職。家計管理を任され、お金に関する知識の大切さを実感する。現在は2男の育児に奮闘しつつ、FPとして活動中。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事
全FPメンバーを見る

関連FPコラム

最新FPコラム

全FPコラムを見る