第 51 回

返済計画ってどうやるの?3ステップで返済の見通しを立てよう

吉原 亜矢子

返済計画ってどうやるの?3ステップで返済の見通しを立てよう

カードローンを利用する際、特に重要なのはしっかりと返済計画を立てることです。
ただ具体的にどうやるのか分からないという方のために、簡単に出来る3ステップをご紹介いたします。
これからカードローンを利用する方も、現在利用中という方も参考にしてみてください。

ステップ1 現在の収支を把握する

まず、ひと月にいくら収入があるのか把握しましょう。

会社員の方でしたら、毎月の給与明細を確認します。
この時、注意していただきたいのは、社会保険料等が引かれる前の「総支給額」を見るのではなく、実際に給与口座に振り込まれる「手取り額」を見ることです。
もし副収入がある場合には、定期的に入ってくる金額のみ算入して、不定期な収入に関しては計算に入れないようにしましょう。

月の支出については、家賃や光熱費など項目ごとに金額をそれぞれ書き出し、支出の合計額を出します。
これにより、毎月いくらまでの返済が可能かを確認することが出来ます。

ステップ2 借金の総額を把握する

次に、現時点での借入残高を把握しましょう。

カードローン会社に問い合わせることで、現在の借入金を確認することが出来ます。
借入先が複数ある場合は、各社ごとに借入金を出します。
この時、金利を確認することも忘れないようにしましょう。

ステップ3 シミュレーションをする

最後に、月々いくら返済するかを決め、完済までの日数をシミュレーションします。
まず、借入残高に対しての1ヶ月の利息を計算します。
計算方法は「借入残高×金利÷365(日)×30(日)」となり、毎月の返済額に対して1か月の利息分を引いた金額が元金の返済分となります。

その計算を繰り返していくとどの位で完済できるのかが分かるのですが、計算が複雑なため手計算では大変です。各カードローン会社のホームページで返済シミュレーションが自動で出来るので、そちらで計算してみましょう。

まとめ

どのくらいの金額までなら毎月返済できるのか、いつまでに完済するのか等、見通しを付けることで余計な不安を取り除くことが出来ます。
また、毎月の収支を確認することで現状のままで大丈夫なのか、見直すきっかけにもなります。

気が付いたら返済に追われていたという事態にならないよう、返済計画をしっかり立て利用するようにしましょう。

執筆者 吉原 亜矢子 (よしはら・あやこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

資産運用について学び、株や債券なども経験。生活に役立てばとFP3級を取得した事からファイナンシャルプランナーの面白さや必要性を知り、その後、FP2級を取得。現在、子育てをしつつファイナンシャルプランナーとして活動している。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事
全FPメンバーを見る

関連FPコラム

最新FPコラム

全FPコラムを見る