第 34 回

キャッシングの「金融事故情報」「ブラックリスト」とは?

壁岸 敦子

キャッシングの「金融事故情報」「ブラックリスト」とは?

クレジットカードやキャッシングの「金融事故」や「ブラックリスト」という言葉を、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回は、キャッシングにおける「金融事故」とは何か、どのようなデメリットが存在するのかを具体的に解説していきます。

金融事故情報とは?

キャッシングにおける「金融事故」とは、借りたお金の返済が大幅に遅れたり、返済が出来なくなるなどの「借入金返済に関する事故」を示します。
「借入金返済に関する事故」は、利用者自身の「信用情報」に大きく影響してくるのです。

信用情報とは?

「信用情報」とは、お金の借り入れと返済についての記録のことを指し、この情報は「信用情報機関」という団体に一定期間登録されます。
信用情報機関に登録された情報から、個人が利用しているサービスの種類や借入額、借入日、返済状況等が分かります。

金融業者は業界ごとに、日本にある3つの信用情報機関のいずれかに加盟をしており、業界内の各社で情報を共有しています。
<3つの信用情報機関>
・全国銀行個人情報センター(JBA)
・日本信用情報機構(JICC)
・シー・アイ・シー(CIC)

各金融業者は、自社が加盟している信用情報の情報しか確認することは出来ませんが、金融事故情報だけは3つの信用情報機関で共有をされているため、どの金融業者でも見る事が出来るのです。

主な金融事故の種類

金融事故の種類には、主に以下の3つがあります。

・長期延滞:返済期限より2〜3ヵ月以上支払いが遅れること
・債務整理:返済負担を減らす目的で、合法的に借金を整理すること
・自己破産:返済不能に陥り、自ら裁判所に破産を申し立てること

金融情報の保存期間は?

一度登録された金融情報は、永久保存されるわけではなく金融事故の種類によって5年〜10年間の間、保存されます。
長期延滞となってしまった場合は、一刻も早く返済を完了させることが重要です。

金融事故によるデメリット

一度信用情報に傷が付くと、金融事故の記録が消えるまでの間は借入審査に通らなくなってしまいます。

事故を起こした後、順調に返済をしている場合は審査が通る可能性もありますが、一般的にはクレジットカードの作成や更新、キャッシング利用など多くの制限を課される場合が出てくるため、十分に気を付けましょう。

金融事故を起こしてしまったら、家族にも影響する?

結論から申し上げますと、家族への影響はありません。
ただし、未成年や専業主婦がクレジットカードを作成する時など、世帯主が関わる審査で世帯主に事故情報がある場合は、審査に通らない可能性もあります。

金融事故を起こしてしまった場合は?

金融事故を起こしてしまったかもしれない・・・。
そんな時は自分の信用情報を確認してみましょう。信用情報の確認申請には手数料がかかりますが、パソコンやスマートフォンからでも申請することが可能です。

なお、配偶者など家族の信用情報を、本人の許可なしに確認することは出来ません。家族の信用情報を確認する場合は、本人の委任状をもとに任意代理人や法廷代理人となる手続きが必要となります。

まとめ

一度でも金融事故情報の登録をされると、一定期間が過ぎるまで消える事はありません。その後も制限の多い生活を余儀なくされるなど、金融事故とはそれほど重い措置なのです。キャッシング利用の際は、返済遅延に十分注意をしてください。

執筆者 壁岸 敦子 (かべぎし・あつこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

北海道出身。大学卒業後は主にサービス業・事務に携わる。出産後、不動産会社で勤務したことをきっかけに資産形成に興味を持つ。趣味ではパーソナルカラーやカラーコーディネートの資格を取得。現在はFPとして活動中。2児の母。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事
全FPメンバーを見る

関連FPコラム

最新FPコラム

全FPコラムを見る