第 27 回

どこで借りる?どこから借りられる?カードローンの種類について

山口 りな

どこで借りる?どこから借りられる?カードローンの種類について

目次 [ 非表示 ]

カードローンとは、審査によって決められた上限額の範囲内で自由に借入・返済ができる個人向けの融資制度です。
このカードローン、経営母体により違いがあることをご存知でしょうか?

カードローンの種類

カードローンには、大きく分けて銀行系・消費者金融系・JAろうきん系があります。
それぞれ審査条件や金利などが異なるため、自分にあった借入先を選ぶ必要があります。
では、どんな違いがあるのか。それぞれを見ていきましょう。

銀行系カードローン

みずほ銀行・三井住友銀行などのメガバンクや、地方銀行、楽天銀行などのネット銀行に至るまで「銀行」が提供しているカードローンです。

年収の3分の1までの借入を許可する「総量規制」の対象外であることが他のカードローンとは大きく違い、高額融資を受けたい人、年収が低い人にとってはメリットと言えるでしょう。ただし銀行独自の審査基準を設けている場合がほとんどです。

金利は高くて約14%前後と、消費者金融系の約18%に比べると低めに設定されています。
融資日は最短で翌日、基本的には数日後という場合が多く、今すぐお金が必要という人には向かないでしょう。

消費者金融系カードローン

プロミスやアコムなど、金融庁に貸金業登録をしている金融機関が提供するカードローンです。

年収の3分の1までの借入を許可する「総量規制」の対象で、限度額も銀行に比べると低めのところが多いため高額融資は受けにくいでしょう。
金利は約18%と高めで、クレジットカードのキャッシングとほぼ同じくらいです。

最大の特徴は融資の早さです。即日融資が可能という場合が多く、今すぐお金が必要という人にはメリットとなるでしょう。

JA・ろうきん系カードローン

全国各地のJAや、全国13箇所のろうきんが提供しているカードローンです。
居住地によって融資を受けられる機関が限定され、地域により金利も異なります。また居住管轄の機関ではカードローンを扱っていない場合も、稀にあるため確認が必要です。

メリットは金利の低さです。
非営利を原則としているJAやろうきんでは、金利の上限が約10%前後であることが多いです。
ただし会員であること、居住要件などの融資条件が厳しく、非会員が借りる場合は借入金額が非常に少なくなります。
条件が当てはまる人にとっては金利の低さから選択肢のひとつとなり得そうです。

一方最大のデメリットは融資実行までの遅さです。
多くの機関で審査に1〜2週間ほどかかります。急な出費など急ぎでお金を必要とする場合には利用しづらいでしょう。

まとめ

借入先によるカードローンの違いを見てきました。
ご自身の状況をしっかりと把握したうえで自分に合う借入先を選択し、無理なくしっかりと返済計画を立ててから融資を受けましょう。

執筆者 山口 りな (やまぐち・りな)
FPアナウンサー
所属:FPサテライト株式会社

約6年半テレビ山梨でアナウンサーを勤め退職。退職をきっかけにお金に関わる制度を身近に感じたことでお金や経済の勉強はじめ、FP資格を取得。
フリーアナウンサーとして活動しながらFPとしても活動中。FPアナウンサーとしてお金にまつわる知識を届けている。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事
全FPメンバーを見る

関連FPコラム

最新FPコラム

全FPコラムを見る